似ているけど実は異なる | セクキャバはお酒を飲みながらお触りも楽しめる最高のお店
menu

似ているけど実は異なる

セクシーな女性

セクキャバの場合はお触りができるという強烈な個性がありますが、ガールズバ―とキャバクラについてはそこまで違いがわからないという初心者の人もいるでしょう。
どちらも楽しく遊べるお店になっていますが、ここでその具体的な違いについて見ていきたいと思います。

まずガールズバ―とキャバクラは似ているようで結構違うところがあります。
それは、接客のスタイルになります。

ガールズバ―もキャバクラもお酒を提供しているお店でありかつ女の子とも会話できるようになっていますが、お店の構造がまったく違います。
基本的にガールズバ―はバーとしての接客を受けることになり、キャバクラの場合はお客さんであるあなたのとなりに座って接待してくれるといった感じです。
そのためガールズバ―の方がライトだといってもいいでしょう。
キャバクラはひとりひとりのお客さんに対して必ずひとりの女の子がついてくれるので、質のいいサービスを受けたいんだったらキャバクラの方がいいと思います。

ただガールズバーの場合は、カウンターの中にいるいろんな女の子と好きなように会話できるようになっています。
つまり複数の女の子と喋る機会が得られますので、広く浅くコミュニケーションが取れるでしょう。
いろんな子と同時に話したいという人はガールズバ―の方が楽しめると思います。
逆にひとりの女の子と深く絡みたいという場合は、キャバクラを使った方が間違いなく楽しめるでしょう。

あと強いて言うなら、ガールズバ―はバーなのでこっちの方がお酒のバリエーションは多いと思います。
そのため純粋にお酒も色々楽しみたいという人は、ガールズバーを選ぶ価値があるでしょう。